検索
  • 宮野 利将

【ここだけの話】私なら契約前にココを見る!


ポイント

リフォーム業者の選び方って難しいです。


悪質な業者も多いですし。「高ければ良い」とも「安ければ良い」とも限りませんし。


完成するまで出来栄えが分からない割に、完成してしまうと手抜きされても気付けないです。


業者選びの段階から、不安でしょうがないあなたのために


ここだけの話

「私なら契約前にココを見る!」

をサクッと3点まとめてみました。



1.現状をしっかり診断してくれるか


建物の現状の診断。

ここが適当な業者はアウトです。


「適当な受け答えしかしない医者」みたいなもんですね。


本当に良い治療をしたい医者は、患者の状況をつぶさに調べます。


それと同じで、本当に良い仕事をしたい職人は、現場の状況をつぶさに調べるんです。


それをしないってことは、適当な仕事しかしないってことですよ。


契約前の段階から「良い仕事をする」という意識が見えるかどうか。これがとても大切だと思います。



2.見積書をしっかり書いてくれるか


見積書がザックリしていると、それだけで一気に不安になりますね。


何にどれだけお金が取られるか分からないんですから。


見積書で、材料名とその分量までしっかり書いてくれる業者をオススメします。



3.契約を急かさないか


なんだかよくわからないけど、契約をやたら急かされる。


こういう業者もアウトですね。


「説明ナシで手術を迫る医者」みたいなもんです。


そういう時はたいてい、お客様自身のことは考えていません。


急いで工事した方が良い状況も確かにありますが、それなら納得のいく説明があるはずです。


お客様第一で考えている業者は、契約を急かしたりしません。


契約よりも「お客様自身が納得できているか」を優先する業者をオススメします。



まとめ


以上の3点が、契約前の段階で業者を見極められるポイントです。


病院選びと一緒で、業者選びにも相性があります。皆が良いと言っている業者が、あなたと相性ぴったりとは限りません。まずは無料相談で複数の業者とコンタクトをとって、相性を見極めるのが良いと思います。


その際にはぜひ、帝成エンタープライズにも一声おかけください。内外装から不動産の売買まで、住宅に関するご相談であれば大抵の疑問にお答えできます。


今回のテーマは・・・

「私なら契約前にココを見る!」でした。


ここだけの話にしてくださいね。