ペンキライン

介護リフォーム事業

祖父母

介護のための住宅改修工事には、介護保険制度をご活用ください。下記の条件を満たしている方は、地方自治体から20万円までの補助を受け取ることができます。

介護リフォームを考える夫婦

1. 要介護認定されている介護保険の被保険者であること

介護リフォーム検討中の家

2. 対象の住宅が被保険者の住所と一致すること

福祉施設や病院

3. 利用者が福祉施設や病院に入っていないこと

【介護保険の適用が可能な改修工事例】

床の段差解消

床の段差
階段のてすり

手すりの取り付け

引戸等、扉の取り換え

(ドアノブからドアレバーへの変更等)

ドアレバーへの変更
洋式トイレのリフォーム

洋式便座へトイレリフォーム

滑り防止、移動の円滑化等のための床工事

床工事

【ご依頼の流れ】

(1)相談

介護保険を利用した住宅改修を希望される際は、ケアマネージャーさん、もしくは弊社に在籍しているコーディネーターにご相談ください。

 

(2)現地調査

専門知識のあるコーディネーターに建築士が同行し、工事内容を検討いたします。普段の生活でのお困りごとをご相談下さい。必要と思われる改修をご提案させていただきます。

(3)お見積もり

現地調査の内容を元にお見積もりを作成し、後日ご自宅までお届けにあがります。お見積もりの内容をご説明させていただきますので、何かご不明な点等がございましたら遠慮なくご相談ください。

 

(4)ご契約

お見積もり内容にご納得いただけましたら、役所へ提出する申請書へのご捺印をお願い

致します。申請書へのご捺印をいただきご契約となります。

 

(5)役所への申請手続き

必要書類は弊社にて準備致します。役所への申請も弊社にて代行致しますのでご安心下さい。

(6)役所からの許可

申請許可がおりるまで、約10日かかります(市町村によって異なります)。許可がおりましたら工事の日程をご相談の上、決めさせていただきます。

 

(7)改修工事・開始 料金の支払い

申請した内容にそって改修工事を行います。工事完了後に、かかった費用の自己負担分をお支払いいただきます。

 

(8)役所への工事完了申請

工事完了後、必要書類を揃えて役所への工事完了申請を行います(申請は弊社が代行致します)。

 

(9)アフターフォロー

介護リフォームは工事が終わってからが本番だと考えております。お客様の状況の変化に合わせて、親切・丁寧にフォローいたします。